不在型民泊の住宅宿泊管理業者の探し方2つの誤解

本コラムでは、不在型民泊運営における住宅宿泊管理業者の探し方において、「物件の近くの住宅宿泊管理業者でないといけない?」及び「ホストは一切民泊業務ができない?」という2つの誤解について正しいノウハウをお伝えします。

誤解1:物件の近くの住宅宿泊管理業者でないといけない?

これから民泊を始めようと考えている方で不在型民泊の運営を検討している場合、住宅宿泊管理業者に民泊業務の一切を委託する必要があります。駆けつけなどもあることから、まず物件の近くにある住宅宿泊管理業者を探そうとする方が多いかもしれませんが、決して物件近くである必要はありません。
それは、再委託という制度があるからです。


再委託とは、住宅宿泊管理業者が委託された民泊業務を他の業者に委託することです。例えば、千葉県に物件を持つホストが東京にある住宅宿泊管理業者と管理契約を結び、その住宅宿泊管理業者が千葉の物件に近い第三者に駆けつけを再委託すれば問題ないのです。

誤解2:ホストは一切民泊業務ができない?

住宅宿泊管理業者が第三者に業務を委託(全ての業務を委託することは違法であり、一部のみ)することが可能とお伝えしましたが、もちろんそれはホスト自身に再委託することも可能なのです。ホストが自ら民泊業務を自分で行うことはできなくても、住宅宿泊管理業者が再委託する形であれば可能という抜け穴があるのです。


ただし、このように再委託を柔軟に対応してくれる住宅宿泊管理業者は少なく、またあったとしても費用が高いところも多いようです。
ゆめゆめトラベルではホストの主体的な民泊運営を応援するため、格安にて再委託型の管理契約を行なっています。

お気軽にお問合せください!

—このコラムを書いた人—

ゆめゆめトラベル https://www.yumeyumetravel.com/

ゆめゆめトラベル代表の浅井

ゆめゆめトラベル 代表 浅井 夢
所在地:東京都三鷹市井の頭4-16-6-403

住宅宿泊管理業者
登録番号:国土交通大臣(01)第F00538号
登録年月日:平成30年6月15日